パラリンピック開会式の帽子の上に付いてるのはタケコプターじゃない!プロペラの意味を検証

パラリンピック開会式の帽子の上に付いてるのはタケコプターじゃない!プロペラの意味を検証 スポーツ

Pocket

ここでは『パラリンピック開会式の帽子の上に付いてるのはタケコプターじゃない!プロペラの意味を検証』についてお伝えしていきます!

2021年8月24日、始まりましたパラリンピックの開会式。

そこに登場するマスコットが被る帽子には、あのタケコプターが付いてるではないですか!

皆さん見ていて、ほとんどの方がドラえもんに登場するタケコプターを連想しちゃいますよね。

最後まで『パラリンピック開会式の帽子の上に付いてるのはタケコプターじゃない!プロペラの意味を検証』をご覧ください!

 


パラリンピック開会式の帽子のはタケコプターじゃない!

 

どう見てもタケコプターでしょう!

 

スタッフが被る帽子に付いてるのはタケコプター?

東京パラリンピックの開会式のコンセプトは、「WE HAVE WINGS」。

ピッチ上に“パラ・エアポート”を描き、片翼の飛行機に扮した車いすの少女が主人公として物語が繰り広げられていました。

パラアスリートたちのパフォーマンスが見ている人たちにも「翼」があることに気づかせてくれます。

世界中の誰もが希望を持ち、羽ばたくことができるんだということで会場に映し出された世界中のカラフルな国旗たちをプロジェクションマッピングで流れるように羽ばたいていくのを表現されていたんですね!

現在、世界中を結んでいるものは飛行機ですね♪

空の玄関である空港には、様々な飛行機が世界を行き来してます。

大型ジェットだけでなく、小型の1人乗りプロペラジェットも見かけますよね。

ですから誰もがタケコプターを連想したと思いますが恐らくここでは”プロペラ”をイメージしていたと思われます。

 


プロペラの意味を検証

10年後は本当にタケコプターで誰かが飛んで来るかも!

 

1人1人が誰の”ちから”も借りずに飛び出せる社会へ

どんな人でも自分のちからで努力を重ねれば、1人でプロペラを回して大空に飛び立つことが出来そうな感じがしますね。

記事はこのあと更新していきます!

記事はこのあと更新していきます!

 


まとめ

記事はこのあと更新していきます!

はるな愛さん、とっても可愛いですね♪

ニューハーフ日本代表ですね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました