真鍋淑郎博士の地球温暖化を予測する地球気候モデルの開発とは?ノーベル賞受賞までの道のり

真鍋淑郎博士の地球温暖化を予測する地球気候モデルの開発とは?ノーベル賞受賞までの道のり ニュース

Pocket

ここでは『真鍋淑郎博士の地球温暖化を予測する地球気候モデルの開発とは?ノーベル賞受賞までの道のり』をお届けしていきたいと思います。

2021年10月5日、速報が入り歓喜の渦に沸く「地球温暖化を予測する地球気候モデルの開発」により、アメリカに渡り国籍を取得され研究に没頭している真鍋淑郎博士がノーベル物理学賞を受賞したと速報が流れました!

2015年”ニュートリノが質量を持つことを示すニュートリノ振動の発見”で受賞された梶田隆章教授以来、6年ぶりの快挙となりました。

ノーベル賞受賞は2年ぶりとなります。

そんなノーベル物理学賞を本年受賞されました『真鍋淑郎博士の地球温暖化を予測する地球気候モデルの開発とは?ノーベル賞受賞までの道のり』について、お届けっしていきますので、最後までごらんください。

 


真鍋淑郎博士の地球温暖化を予測する地球気候モデルの開発とは?

これから記事を追加していき、新しい調査した内容を更新かけてまいります。

 


真鍋淑郎博士がノーベル賞受賞するまでの道のり

これから記事を追加していき、新しい調査した内容を更新かけてまいります。

 


まとめ

ここまで『真鍋淑郎博士の地球温暖化を予測する地球気候モデルの開発とは?ノーベル賞受賞までの道のり』をお届けしました。

これから記事を追加していき、新しい調査した内容を更新かけてまいります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました